婦人

ホームページ上にその詳細が公開|ヒアルロン酸の力とは

プチ整形で綺麗になる

看護師

施術後のケアが大事

ヒアルロン酸を注入するプチ整形は多く、気軽に受けられて施術時間も回復するまでの期間も短いので簡単にコンプレックスの解消や若返りが出来ます。ヒアルロン酸は、安全性が高い成分であり体に注入しても一定期間が経つと体に吸収されますしヒアルロン酸を溶かして体外に排出させることも可能なので体に優しい成分であると言えます。しかし、注入方法によってはヒアルロン酸が上手く馴染むまでに時間がかかることがあります。いくら安全性の高い成分であると言っても、施術後はしっかりケアをしなければうまく浸透しにくくなることがあります。皮膚が薄い部位にまばらに注入した場合には、皮膚表面がでこぼこする場合があるので術後に少しマッサージをすると施術部位のでこぼこが解消される場合があります。また、一定の部位にヒアルロン酸を注入し過ぎるとしこりになる可能性もあるのでそういった場合には溶かしてしこりをなくす必要があります。ヒアルロン酸の注入は、ごく簡単な施術ですがだからといって誰でも上手く施術が出来るというわけではありません。施術を受ける際は、実績と症例数が多い美容外科を中心に選ぶようにすると安心して腕の良い医師に施術してもらうことが出来ます。

品質を確認すること

ヒアルロン酸の注入は、様々な治療に使われています。顔であれば涙袋の形成やクマを解消するため、鼻を高くしたり唇をふっくらとさせるためなどに使われます。体であれば、胸に注入してバストアップするケースが多いです。ヒアルロン酸は、持続する期間は最大でも数年程で一度の施術で何十年も効果が持続するものではありません。そのため、一時的にコンプレックスを解消させたり若返りを実現させるには良い美容整形法です。手直しや調整もしやすく、より患者の意見に寄り添った治療が出来るところも魅力の一つであると言えます。顔や体は年齢と共に少しずつ形を変えて行くことと、人の好みも年齢に合わせて少しずつ変わっていくことが多いです。本格的にメスを使って行う美容整形であれば、一度整形してしまうと手直しをすることは難しく定期的なメンテナンスが必要なこともありケアが大変です。ヒアルロン酸注入は、自然な美容整形がしたい人、少しでも少ないリスクで綺麗になりたい人などに向いています。ヒアルロン酸注入は多くの美容外科で受けられますが、ヒアルロン酸の濃度や含まれている量、品質などは美容外科によっても違うので使われているヒアルロン酸の質に注意することも大事です。