婦人

ホームページ上にその詳細が公開|ヒアルロン酸の力とは

プチ整形でも広く使用

注射

副作用と効果の長さに注意

美容整形の分野でプチ整形でも頻繁に用いられるのがヒアルロン酸です。注射することで顔などをふっくらとさせるため、涙袋を膨らませたり、しわ取りに用いたりと様々な用途に使われています。しかしヒアルロン酸注射は副作用もあるため注意しておくべきです。よく知られた副作用が、ヒアルロン酸がだま状になることで凹凸を皮膚に作ってしまうことです。これは施術をした医師の技術が未熟な場合や、肌と相性の悪いヒアルロン酸の注射をした場合に起こります。対処法としてはヒアルロン酸を溶かす薬を注入してもらうことで、再び肌を滑らかな状態に戻せます。また注射針を使い回すような問題のあるクリニックで施術を受けると、細菌感染を起こして施術した部位が腫れることがあります。対策として、そういった管理のいい加減なクリニックで施術を受けないことです。また施術前に気をつけておきたい点として、ヒアルロン酸は効果が一定期間しか続かないことです。これはヒアルロン酸が体内で徐々に分解されていくためで、現代の医療技術では永続的な効果をもたらせないためです。そのためヒアルロン酸注射は、1年から2年程度の期間限定の美容整形だと覚えておく必要があります。

拒絶反応がないため安全

医療において比較的長い歴史を持ち、広く行われてきたのがヒアルロン酸注射です。例えば関節痛の治療でも膝などの軟骨がすり減った部分に注射することで、関節機能を復元できます。美容整形の分野で行われるヒアルロン酸注射は、美容目的で行われるのが特徴です。元々ヒアルロン酸は体の様々な部位に存在しています。先述の膝などの関節や目、皮膚にも多く含まれ、水分保持に役立っています。生まれたばかりの子供はこのヒアルロン酸が多く体内に存在するため、肌がみずみずしくて張りがあるのです。この特徴を美容整形の分野で生かしたのが、各種ヒアルロン酸注射の施術です。一例を挙げると、ほうれい線解消の施術や目尻のしわ取り、目の上の窪みの解消といった施術です。最初から人体にある成分のため安全性が高く、拒絶反応が出にくい特徴があります。このため施術をする医師の側は比較的扱いインプラントで、美容整形クリニックの多くで用いられています。ただし人体が拒絶反応を起こさない代わりに、一度注入したヒアルロン酸は時間が経つと次第に失われていきます。このため持続的に効果を維持させるためには、再注射が必要です。しかしその分、一般的な整形施術と違って肌を自然な感じに仕上げられる特徴を持っています。